医薬部外品の美白成分について

医薬部外品として美白の効果を認められた成分としてまず4MSKがあります。

酵素チロシナーゼが活性することを抑えて、メラニン色素の排出とメラニンの生成を抑える効果があるのが特徴です。次にDメラノはメラニンの生成を行う指令を阻止する働きを行い、表皮細胞にメラノソームを受け渡さないという働きをします。この他、医薬部外品として認められた美白成分にはニコチン酸アミドがあり、表皮細胞にメラニン色素が渡されるのを抑えることができ、抗炎症剤として使われるt-AMCHAはニキビの跡にできた色素沈着にも効果があります。

さらに、西洋ナシやコケモモから抽出されたアルブチンという成分は、チロシナーゼとチロシンが結合するのを防いでメラニン生成を防ぐことができます。また、老人性色素斑に効果的な美白成分として、情報伝達物質のエンドセリンを抑制するカモミラET、チロシナーゼの働きを抑えるこうじ菌から抽出をしたコウジ酸などもあります。

医薬部外品と認可されていない成分も美白化粧品には使用されています。例としてクリニックや皮膚科で処方されるチロシナーゼの働きを抑えることができるハイドロキノン、チロシナーゼを抑制して消炎効果もあることから肌が弱い人でも使いやすいクラブリジンがあります。成分によって紫外線によるシミやニキビのシミ、そばかす、くすみなど効果に違いがあるので、何が原因で悩んでいるのかを把握してから美白化粧品を選ぶのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です