くすみ治療は乾燥をなくしターンオーバーを正常に

肌のトーンが暗くなり、くすみ治療が気になる方は増えています。

くすみの大きな原因は、古い角質が溜まって厚くなってターンオーバーが乱れることです。古い角質はメラニンを含んでいるので、くすんで見えます。

くすみ治療は、ターンオーバーを正常にすることが大切になります。古い角質をとるには、汚れをしっかりと落とす洗顔が第一です。洗顔料にもいろいろなタイプがありますが、肌にうるおいを残す洗顔料を使っている方もいます。肌表面の皮脂を放置しておくことで、酸化して過酸化脂質に変わりくすみの原因になります。

洗顔料に油分が多いものは、肌に残りスキンケアが浸透しないので注意しましょう。くすみ治療に美顔器を利用するのも、改善する方法です。特に超音波マッサージは、皮膚の深い部分に振動を与えるので血行をよくして顔色がよくなります。

またイオン導入は、ビタミンCの浸透がよくなりコラーゲンを増やしくすみの改善につながります。肌は乾燥すると、表面の角質がめくれ全体的に黒ずんできます。これを防ぐためには、スキンケアで保湿をしっかりすることが大切です。水分だけ肌に与えても乾燥するので、肌に必要な水分をとどめておく保湿成分をプラスしましょう。セラミドやヒアルロン酸が保湿成分で、美容液を使うのが乾燥を防ぐこつです。夜寝る前だけでなく、朝のお手入れにも保湿美容液は使いましょう。ピーリングは角質をとるのに有効ですが、肌が弱い方はトラブルになることもあります。

東京でシミ治療するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です